ネット収入確定申告対象外とは?

ネット収入確定申告対象外とは?

 

ネット収入確定申告対象外とは?

 

ネットで成果を出したら確定申告をしましょう!

 

そういう風に言う人って、たまにいるよね?

 

 

でも、ネットビジネスをする人全員が
確定申告をしなくちゃいけないわけじゃないんだ。

 

アフィリエイトしかしていなくて
誰からも雇用されていない専業アフィリエイターで
年間の所得が38万円を超える人は対象になるね。

 

 

でも、専業アフィリエイターだけど
年間の所得が38万円にも満たない人は
確定申告はしなくても良いんだよ。

 

会社から雇用されていて、会社の給料以外で
所得が20万を超える人も対象になるね。

 

 

同じく給料をもらっている人で
副業で20万を超えない人は確定申告の対象にはならないよ。

 

ネット収入確定申告対象外とは?

 

 

38万円という基準は、所得がある人なら
どんな人で設けられる「基礎控除」と呼ばれるのが
38万円と決まっているからなんだ。

 

控除って難しい言葉が出てきたけど
どういうことなのか説明するね。

 

 

控除って、手元に残ったお金から
課税する前に更に差し引ける金額を言うよ。

 

控除というのがなければ、収入から経費を引いて
所得に決まった計算方式を使えば収める税金が分かるんだけどね。

 

ネット収入確定申告対象外とは?

 

でも、経費の他に生きていくうえで
どうしても必要な出費ってあるよね?

 

だから、国の粋なはからいで
重要な出費には税金をかけたりしないって
なっているみたいだよ。

 

 

じゃあさ、どうして基礎控除が
38万円なのか気にならない?

 

これは、所得がある人なら年間38万円くらいは
いろいろな経費で必要でしょって
国が気を利かしてくれているんだよ。

 

 

事業所得が38万円の人が確定申告をすると
38万円をまるまる差し引かれて税金がかかる所得は
0円になってしまうんだよね。

 

これじゃ、せっかく苦労してアフィリエイトで
成果を上げてきたのに意味が無いよね?

 

ネット収入確定申告対象外とは?

 

しかも、この先の運営だって苦しくなってしまう。

 

 

だから、専業でも年間38万円以下の稼ぎの人は
確定申告をする必要が無いってわけ。

 

給料をもらっている人の場合だと
どうして20万円なのかといえば
会社員なら20万円までをお小遣いとして
見逃してやろうって言うことらしい。

 

 

でもまあ、実際には確定申告をすべき人は
更に細かく決められているみたいだけどね。

 

 

まとめると・・・

 

 

専業主婦の場合は、年間の所得が
38万円を超えると確定申告が必要だよ。

 

 

でも38万円以下なら確定申告は不要ってわけ。

 

 

副業の場合は、年間の所得が
20万円を超えなければ確定申告は不要だよ。

 

関連ページ

確定申告とは?【日本の税制システム】
現在の日本は、原則として会社で雇用を受けていない人は、手に入れたお金にかかる税金を自分で計算することになっているよ。

トップページ サイトマップ 確定申告とは? ネット収入がバレる理由 ネット収入の確定申告方法